×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大阪府堺市の北野田で活動している伝統空手教室です。道場の見学、体験練習は自由です。練習生募集中!
日本空手道会 糸東流糸東館 北野田道場

TOP 入会案内 糸東流とは 指導員紹介 大会成績

糸東流とは

糸東流(しとうりゅう)は空手の四大流派のひとつ。
開祖は摩文仁賢和。
糸洲安恒より首里手を、東恩納寛量に那覇手をそれぞれ学び、その頭文字をとり糸東流と称した。

形という基本を守りながら、それを応用し、組手と結び付けていくことによって作り上げられた分解組手などに、その奥義までをも修めることが出来るように体系ずけられている。

また、精神教育に重点を置いた開祖摩文仁賢和は「君子の拳」を標榜し、円満な人格の形成・向上を目指した指導を行った。

首里手・那覇手を中心に、幅広い技術体系が確立されている流派であり、他の流派と比べても形の種類が多い。

特に基本鍛錬として巻藁を使用した突き・蹴りの鍛錬や、砂利の上での正拳腕立て伏せなどより実践的な肉体鍛錬に重きを置いているところは実践的な流派ならではと言える。

また、世界各国へ向けて糸東流空手道を広める為の指導にも積極的に取り組んでいる。 1993年には「世界糸東流空手道連盟」が結成され、アメリカ地区・アジア太平洋地区・ロシア地区・ヨーロッパ地区を中心に約55カ国が加盟しており、今後もより一層の発展が期待される。